One thought about practise on an extremely windy day/風が強い日に練習について考えた。

練習はつらいもの、って思い込みはどこから来たのか。

血のにじむような努力、=つらいもの、って勝手に結びつけてたのは自分。別に楽しくたっていいんじゃないか?

シベリウスのコンチェルトは完ぺきに弾くなんて難しい、って決めてるのも自分。ご丁寧に、ここのフィンガードオクターヴはつらいなんて、裏付けまで探そうとしてる。

別に簡単だっては思えない。けど、難しいから弾けないなんて思ってるのは、自分の勝手すぎる。弾けるって知ってるから弾いてるんじゃんね。

このフィンガリングはつらい。って、そのフィンガリングじゃなくたっていいんだぞ。自分が快適なやり方でいいんだ。

フィンガードオクターヴは簡単じゃない。だからって、絶対に正確に決められないなんて、勝手な決めつけだ。決めたければ決められるものなんだ。

この量のレパートリーはこの期間じゃこなせないってどうしてわかる?それも勝手な思い込み。現実を見ろって見る必要ない。こなした自分が未来にいるんだから。

音楽なんて現実は深遠なものなんかじゃないんじゃない?でも、深遠なものだって思ってたほうが、ミステリアスで、ワクワクしてできる。それなら、そう思ってたっていいんだと思う。

What makes me feel good/気分が良くなるもの

Sunny morning in London, empty stomach, dance, chatting with my sis, good camomile tea., taking a nap, playing the violin in tune, watching Fred Astaire, messages from my best friends 

ロンドンの晴れた朝、からっぽのお腹、踊ること、妹と話すこと、おいしいカモミールティー、昼寝、音程ぴったりでヴァイオリンを弾くこと、フレッド・アステアを見ること、親友からのメッセージ

Self conciousness/ 自意識のあるところ

I was never allowed to express my desire. Because I was not talented enough, I was not beautiful enough, it was too eccentric.

I just didn’t allow myself to do so.

こうしたい、って思うことを許されていなかった。能力がないから、美しくないから、常識はずれなことだから。
でもそれは、

こうしたいって思うことを自分に許してなかった。

Freedom I had/自由だったとき。

When I started playing the violin, I was 7. I was asking my mom to tune, tighten the bow, and put rosin on it so I could start playing immediately. Ten times a day. Or 15 times a day.

I was a good student, but I always forgot to be when on stage. I tend to forget to save bow for some small notes because long notes always sounded beautiful to me and used too much for them. And I start from the beginning as if nothing happen.

This is what I was allowed to have…

This is what I am still allowed to have… I suppose…

I take my violin and bow without any preparation. It feels so uncomfortable I would put some rosin on the bow. Or without. As you like.

I spend two full bows for one note, instead of one. That’s not what I was supposed to do, but who knows? Is that what I decided to do a month ago? Who cares?

Freedom, which I have always had.

 

You are happy if I am happy./私が幸せならあなたも幸せ。

You are happy because I am happy. I am happy because I am happy. Everybody around me is happy because I am happy.

わたしが幸せだから、あなたも幸せ。わたしが幸せだから、わたしが幸せ。わたしが幸せだから、みんな幸せ。

 

Your Biggest Desire/本当の望み。

True desire comes with the biggest hesitation.what you are willing to do right away is not what you really want to turn into reality.

本当にやりたいこと、それを実行するときには、いちばんのためらいがある。いますぐに喜んでできることは、1番やりたいことじゃない。